プロフィール

ブルース

Author:ブルース
全国のブルースリーの末裔たち!
よ・ろ・ち・く・び!
お気に入りに追加しておいて!


李小龍の命日カウントダウン!


最近の記事


ブルース・リーメニュー


スポンサードリンク


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング!ぽちっと応援よろしく願いたし。


♪BGM(ブルースリー)

©Plug-in by PRSU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルース・リーの『世界格闘明星名鑑』

世界格闘明星名鑑 ブルース・リー紀元前

ジミー・ウォング

『燃えよドラゴン』大ヒット後、初めて日本公開されたクンフー映画『片腕ドラゴン』(72)の監督兼主演俳優。
実はすでにアジアでは「天皇巨星」と呼ばれるほどの大スターだった(たしかに将来日本の天皇になるお方に似ている)。
ジミーさんを天皇にしたのは、『獨臂刀』(67)の大ヒット『片腕ドラゴン/獨臂拳王』も、目玉をえぐり腕をもぎ腹を裂く超ナンセンスな残酷描写で全世界で大ヒット。
しまいには、四人の登場人物全員が片腕というところまでエスカレートした。
もともと水泳選手だったが、ケンカして出場資格を失い、ショウ・ブラザーズのオディションを受けて映画俳優になる。
だからクンフーははっきりいってヘタクソだが、自ら監督した『片腕カンフー対空飛ぶギロチン』(75)などで打ち出した異民族異種格闘技対決は、後の『ストⅡ』の元祖なのだ(牙のはえた沖縄武術家、関節の外れるラマ僧など)。
およそスター性のない、印象の超薄い顔だが、あの顔で実はチャイニーズ・マフィアの顔役であり、殺人未遂事件で新聞に載ったり東映映画『極東黒社会』に客演したときのインタビューでも堂々と自分が黒社会の一員であると宣言していた。
ジミーさんの製作する『ドラゴン特攻隊』や『炎の大捜査線』といったげてもの映画にジャッキーチェンなどの大物スターが出演するのも、「その筋」の圧力だと噂されている。

ブルース・リー101匹ドラゴン大行進より

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jeetkunedo333.blog71.fc2.com/tb.php/337-f48aae1b

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。